カードローンの審査の内容について

カードローンの審査内容はだいたい共通しています。勤務先情報は必ず調べられることとなります。大手企業なのか、公共機関なのかなどです。このうちカードローンしやすいのは一番が市役所職員といった公共機関に属している人です。その次が大手企業、中小企業などになっていきます。
雇用形態は正社員がカードローンしやすいです。雇用が安定していて給与が定期的に入ってくるからです。次に契約社員が有利になります。その次が派遣社員、パートやアルバイトになります。もし勤務先が大手であれば、パートやアルバイトであっても借りやすい場合もあります。派遣でも同様です。収入が定期的にあることがカードローンおすすめ審査の最低条件になるので無職だと借り入れは難しいです。勤続年数も考慮の対象になります。10年以上など長く勤めていればいるほど有利です。
年収は例え200万円以下でも借り入れ可能です。400万円以上であったら審査も通りやすいです。消費者金融で借りる場合、銀行と違って総量規制がかかってきます。年収が低いとそれだけ借りられる金額も低くなります。年収の3分の1までしか借りられないからです。
住んでいるところも評価の対象です。もし持ち家に住んでいるのであれば審査は通りやすいです。居住年数は勤続年数と同じで長ければ長いほど高い評価を得られます。逆に公営住宅であったり住んでいる年数が1年未満など短い場合は評価が低くなります。
家族構成も見られます。家族と住んでいる場合、その家族が代わりに返済できるような人であれば高い評価を得られます。つまり、親と同居している人などです。既婚者も借りやすいですが子どもがいる場合と逆に低い評価となります。