バンクイックの返済方法は二つ、どちらを使う?どちらも使う?

三菱東京UFJ銀行バンクイックはカードがなければ利用することができません。
カードが無ければ借り入れをすることができないバンクイックではありますが、返済の方法は実は条件付きで二つあります。
一つはもちろんatmからの返済。
もう一つが「三菱東京UFJ銀行口座を持っていれば」自動支払い。

自動支払いは毎月指定の日程にバンクイックが自分名義の三菱東京UFJ銀行口座から自動的に引き落としをする方法です。
他の銀行の口座には対応していませんのでバンクイックの自動支払いを利用するためには三菱東京UFJ銀行口座が必須となります。
口座の残高さえあれば返済忘れの心配はありません。

返済忘れの心配はないものですが、残念ながら返済に勢いをつけることができません。
最少返済額が引き落とし額になりますので利息の割合はおおきくなります。
返済をし忘れないことを目的として自動支払いは利用しておきましょう。
その金額だけでは返済が思うように進んでいきませんので借り入れがある間にはatmでの返済もプラスしておきます。
atmからは給料が入ったとき、臨時収入があったときに返済をしていきます。
慣れるまでは厳しいかもしれません。
しかし、この習慣が慣れてしまえばキャッシングの残高を完済した時に貯蓄がしやすい習慣がついているはずです。
金銭感覚を養うためにはキャッシングがある間でも考えていかなくてはなりません。
どのようにお金と向き合っていくのかはしっかりと考えておきましょう。