闇金からのダイレクトメールを配達不可にしたい場合

闇金業者は、過去に闇金業者を利用したことのある人に対して、ダイレクトメールを送ることがあります。また、怪しいサイトに登録してしまった場合にも情報が洩れて、それが名簿屋を通じて闇金業者に伝わり、そこから郵便物が送られてくることがあります。その他、自己破産をした場合にはその者の氏名や住所が官報に掲載されるため、それを見て送ってくる業者もいます。そのようなダイレクトメールは気分の良い物ではありません。何とかして郵便物を配達不可にしたいところです。

この場合、受け取り拒否と記して返送するのがベーシックな対応方法です。もちろん、そうやって返送されてきてもそれをやめるとは限りません。ただ、闇金業者としても、郵便物を送るのにコストがかかります。受け取り拒否をする人は、利用する見込みがないため送っても無駄だということになります。そのため、送ってこなくなることは多いです。したがって、面倒ではありますが、受け取り拒否の手続きをとるようにしましょう。

その他、闇金融に聞いてみることに指導してもらうようにお願いするのも効果的です。送られてきたダイレクトメールの名前やナンバー等を控えて、行政の金融課等に申し出ましょう。証拠がある方が良いため、届いたダイレクトメールは保管しておきましょう。

闇金業者は、ダイレクトメールを発送しますが、引っかかる人はわずかです。しかし、数少ない人は引っかかりますので、それを狙ってこのようなことを行ってきます。普通にしていれば届くことはありませんが、情報が洩れて届くようになった場合には、以上のような対処法を行いましょう。